Snap No324

大桟橋
d0331929_18260068.jpg

[PR]
# by gxr-px | 2018-10-15 18:26 | 散策 | Comments(0)

Smap No323

新宿
d0331929_09163231.jpg



[PR]
# by gxr-px | 2018-10-14 09:16 | 散策 | Comments(0)

剱岳 ③

10時20分、劔沢小屋到着。
ここで記念の”剱人”のシャツを買う。
d0331929_12135582.jpg
台風が来るので降りた方がいいと言われテントを撤収し下山を開始。
扇沢への最終は16時30分。時間はあるが疲労を考えると余裕はないかもしれない。
d0331929_12140288.jpg
テント場から重いザックを背負い登ってきたのだが
下を見てウンザリだ。登頂したあとのこの下降は気が遠くなる思い。
d0331929_12140728.jpg
雷鳥平まで降りて室堂に続く登山道。
階段が太ももにダメージを与えスローダウン。
もはや修行。
15時15分室堂到着。

約12時間の山行となった。15時45分のトロリーバスで扇沢に向かい
大町温泉でお湯につかり食事をとり帰宅した。
0時20分自宅着。

d0331929_12141426.jpg
荘厳な剱岳。最高の山旅でした。






[PR]
# by gxr-px | 2018-09-05 12:27 | | Comments(0)

劔岳 ②

夜は雨が降ったりした。緊張からか12時過ぎには目が覚めたが
眠ったり覚めたり・・・3時ごろから周りのテントからもゴソゴソと。
アタックザックを用意して3時半にテントを出た。
d0331929_11191606.jpg
暗闇をライト付けて山行になったが5時半すぎ前劔到着。夜も明けて富山湾が見える。
d0331929_11195623.jpg
劔本体にはまだ取り付いていない・・・。

d0331929_11200769.jpg
難所、カニのたてばい通過・・・6時30分。
しっかり確実に掴みながら通過すれば恐怖感を感じるほどではなかった。
人を寄せ付けない山なんだなぁと・・・思いながら登る。

d0331929_11202185.jpg
7時に山頂に立つ。人も少なく渋滞もなく早出して正解だった。
360度の大展望と達成感を味わう。これまでの山登りの集大成って感じ。
寒いし小雨は降って来るし10分ほどで下山開始。

d0331929_11464488.jpg
カニのよこばいは気が抜けない。
下りの途中、切れ立った岩稜と下を覗き込むと恐怖感が出てきた。
疲労感も出てくる時だがこの山は容赦ない。
d0331929_11465163.jpg
この辺りまで来ると少しホッとした。
劔沢小屋はまだまだ下だ。





[PR]
# by gxr-px | 2018-09-05 11:52 | | Comments(0)

劔岳 ①

登山歴23年。
畏怖の念を持ち続けていた劔岳に2度目の挑戦で登ることができた。
2年前は雷鳥平まで来て台風のため断念。山容すら拝めなかった。

1日目、扇沢から室堂に入り雷鳥平を経て劔沢の野営場。
d0331929_09581917.jpg
室堂(左上)から雷鳥平に下降し、劔御前小舎のある別山乗越まで登り返す。
ここまでコースタイム通り。ずいぶん降りて登り返すのはホントきつい!
d0331929_09583024.jpg
せっかく登ったのに約40分の下降をしてテント場に到着。
天候は曇り。今日はここでテント泊し早朝に出発する。目標4時出発。
夕方、劔の山容が見えた。

d0331929_09581037.jpg
この堂々とした山容。恐ろしい感じで聳えている。
左の前劔2813Ⅿを越え下降し、登り返す。前劔の垂直にも見えるあの傾斜・・・。
穂高や槍ヶ岳、北岳、悪沢岳などいろいろ登ってきたが劔の山容は圧倒的だ。




[PR]
# by gxr-px | 2018-09-05 10:22 | | Comments(0)